FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年 初夏の野草酵素ジュース…の前に麹と酵素のお話し

こんにちは。

365野草生活のん@365nitiyasouです。


うんちくスキップはこちら→
レシピ【2016初夏の野草酵素ジュース作り】からどうぞ。


一時期、芸能人の間で流行ったらしい野草酵素ジュース。


野草酵素ジュース2種


野草酵素ジュースで検索すると「薬は<草で楽になる>と書きます。春の芽吹きに濃縮された野草の栄養、成長のエネルギーで作る酵素ジュースで体が元気になります。」と説明されています。


野草酵素発酵ジュース、実際のところはどうなんだろう?

味や効果が気になったので、麹関係のお仕事をしている友人に質問をしてみました。


麹先生いわく、酵素ジュースの原理は分かるし説明できるが、野草は詳しくない。とのこと。


あ、食べられる野草分かるよ!ということで…


麹と野草がタッグを組み、野草酵素ジュース作りをしてきました。



場所は多摩川河川敷。


私たちが野草摘みをしている横でBBQをしている団体。
肉の焼ける美味しい匂いをものともせず、野草を摘んでいきます。
野草摘みだって肉より熱いぜ!


ジュースを作る前に、麹と酵素の仕組みを教えてもらいました。


麹はカビ菌の一種です。

麹は繁殖するために、酵素を出してタンパク質や炭水化物を溶かします。

分解すると、タンパク質→アミノ酸、炭水化物→糖になり、それが麹の栄養源になります。


以上のように食品に微生物が繁殖してその成分が変化することを発酵と言います。
仕組みは腐敗と同じです。


腐敗…臭い、マズイ
発酵…美味しい
と覚えればいいそうです。分かりやすい。



人間も体内に酵素を持っています。

主に3種類。
①消化酵素

②代謝酵素

③食物酵素(説明割愛)


体内酵素は一生分の数が決まっています。増やすことはできません。


①消化酵素は、食べたものを体が吸収しやすいように消化するためのもの。酵素の働きにより、分解された栄養素は小腸で吸収され、体のためのエネルギーとなります。


①消化酵素が作ったエネルギーを体内で働かせるのが②代謝酵素。
代謝酵素は、運動、呼吸、思考、老廃物の排出、ウィルスと戦う、肌の新陳代謝などで使われます。


代謝酵素って凄い。

酵素は、女性(男性も)の悩みを解決してくれそうですね。



美肌になりたい。ダイエットをしたい。デトックスをしたい。体調をよくしたい。疲れをとりたい。

そのために体内の酵素をなんとかして増やしたい!
でも体内で作れる酵素の数は決まっているから、外から酵素を取り入れよう!

酵素を体内に取り入れて、代謝を促そう~!


しかしここで落とし穴があります。
酵素が体に良いというのは立証済みですが、外から取り入れた酵素が【代謝酵素】として体内で働くかどうかは学術的に立証されてないということなんです。



2時間野草摘みをした後

「野草酵素ジュースを作って飲むなら、甘酒飲んでる方が体にいいよ~
と、最後に身も蓋もない情報を教えてくださった麹先生。


ありがとうございました。


※ちなみに野草酵素ジュースに麹は使いません。
 常在菌の働きを利用して発酵させます。


次の記事へ…
レシピ【2016初夏の野草酵素ジュース作り】

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

365日、野草生活【のん】

野草とウサギが好きなOL。
365日、野草生活中です。
休日は植物イベントに参加したり主催したりしています。

■ニックネーム のん
■性別 女性
■マイフィールド 多摩川 
■好きな食べ物 アイス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。