FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年 初夏の野草酵素ジュース作り(レシピ)

こんにちは。

365野草生活のん@365nitiyasouです。


野草酵素ジュースのレシピです。
春の野草で作るそうです。

野草酵素ジュース2種



もう初夏です。作る時期は過ぎています。でも気にしません。初夏の野草も美味しいもの。
気になる人は来年チャレンジしましょう。


前の記事に酵素って何?どうして体にいいの?ということをまとめました↓

【2016初夏の野草酵素ジュース…の前に麹と酵素のお話し】も読んでみてください。



2種類の野草酵素ジュースを作りました。

材料の重量に対して1.1倍の白砂糖を使います。


①ヨモギだけを使用したヨモギ酵素ジュース
(材料…ヨモギ)

野草酵素ジュース(ヨモギ)


②13種類の野草を使用した野草酵素ジュース
(材料…ハマダイコン、ヨモギ、カモミール、ムラサキハナナ、カラシナ、クレソン、ハルジオン、ヒメジオン、イタドリ、ツルマンネングサ、ウシハコベ、マメグンバイナズナ、ヘラオオバコ)


野草酵素ジュース(12種類野草)


利用するものは、食べられる野草なら何でも良さそうですが、少なくとも5種類以上。
多ければ多いほどいいとされています。


材料)野草5種類以上/砂糖 野草の重量の1.1倍/保存ビン


1.摘んできた野草を洗う。


2.野草を適当な大きさにちぎる。
 
3.砂糖と野草の割合1:1.1。
 野草と砂糖を交互にビンに詰める。
 カサが減るので蓋ギリギリまで押し込む。


4.ビンの蓋は閉めず、隙間がある状態でかぶせておく。
 ※発酵ガスで膨脹するので密封すると破裂することがあり危険。


5.1日2回、かき混ぜる。
   細かい泡が出てきたら発酵が始まっている。


6. 1~2週間後に酵素液を濾す。
  暑いと酵素が活性化し、寒いと鈍化する。
  夏なら1週間、冬なら2週間を目途に。


7.ざるなどに中身ごと空けて濾す。
  絞ると不純物が出るため自然に落ち切るようにする。


8.出来た酵素液は保存用に煮沸消毒したビンに移し、保存は冷蔵庫へ。
 発酵は止まらない。常温で保存すると腐敗する。


上記の手順通りに作りました。



あれ?

たくさんの野草を使った方がいいと書いてあるのに、1種類のヨモギで酵素ジュースを作ってしまった((´・ω・`;))



2週間後、出来上がったら感想をアップします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

365日、野草生活【のん】

野草とウサギが好きなOL。
365日、野草生活中です。
休日は植物イベントに参加したり主催したりしています。

■ニックネーム のん
■性別 女性
■マイフィールド 多摩川 
■好きな食べ物 アイス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。