FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植物画家さんと秋の多摩川散策

こんにちは!
365日、野草生活のん@365nitiyasouです。


今日は植物画家さんと一緒に多摩川野草の観察をしてきました。

本日のナビゲーターは、
「かわさきの野草100選~多摩川の草と友だちになろう」の植物画家の緒方さんです。


http://park.geocities.jp/kansatukaireport/gokinnjo38-kawasakinoyasou100senn.html

多摩川の野草100選

こちらの本は、私のバイブルです。
毎日持ち歩いているのでボロボロです。
私のフィールドが多摩川なので、こちらの本でだいたいの野草を調べることができます。


いつも食べられる野草ばかり観察している私ですが、植物画家・緒方さんの視点は全然違います。
野草の形の面白さや色をよく観察されていました。
また、野草の生態にも詳しく、目からうろこの楽しい植物観察でした。

美味しいか、美味しくないか、有毒かで判断している私と大違い!


【美味しい野草】

■オニグルミ(クルミ科
多摩川はオニグルミだらけ。軒を並べて立っています。
殻が厚く非常に堅いので、仁を綺麗に取り出すのが大変。味は濃厚。

オニクルミ オニクルミ


■クズ(マメ科)
秋の七草、クズがが生い茂っていました。
食べるところはクズの穂先。マメ科のコックリした風味。
クズのお花も似たようなマメ科の味。天ぷらが 簡単で美味。

クズの花



■キンミズヒキ(金水引)バラ科

とても縁起の良い名前。若芽は食べられるそうですが、私は未食です。
生薬名は龍牙草(りゅうげそう)又は、仙鶴草(せんかくそう)といいます。
浴湯剤として、疲労回復、筋肉の疲れをとるときなどに風呂に用いられることもあります。

キンミスヒキ



【食べない野草】
■アメリカネナシカズラ(ヒルガオ科)
細いもじゃもじゃしたツルと小さいお花。他の植物に吸盤で絡みついて生長する寄生植物。
第一発見場所は1970年の多摩川だそうで、それから50年近く経っても多摩川に生息中。
要注意外来生物。

アメリカネナシカズラ アメリカネナシカズラ



【有毒?野草】

■ガガイモ(ガガイモ科)
若芽は食べられるという情報もありますが、毒とする情報もあります。
その際は、私は毒だと判断しますm(__)m

どのように利用するのか調べてみたら…
果実→強壮薬、乾燥葉→強壮・強精薬、生葉→腫物毒虫毒蛇に咬まれた際に。
なんだか、とても強そうですね、ガガイモちゃん…。

実の中には、ふわふわ綿毛。可愛い見た目ですが、強いガガイモです。


ガガイモの花 ガガイモの実



植物画家・緒方さんの言葉
「最小限しか手がはいらない、除草剤も使わない、多摩川は貴重です」



今度、植物画家・緒方さんの素敵な植物画で【365日、野草生活のん】の名刺を作ることになりました(*^▽^*)わーい どんな名刺になるのか楽しみです♪


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

365日、野草生活【のん】

野草とウサギが好きなOL。
365日、野草生活中です。
休日は植物イベントに参加したり主催したりしています。

■ニックネーム のん
■性別 女性
■マイフィールド 多摩川 
■好きな食べ物 アイス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。